脱毛サロンは痛い?痛くない脱毛サロンの特徴とは

脱毛には痛みがつきものとよく言われます。ただその痛みの度合いや痛みの感じ方も人それぞれ、同じサロンでも痛いと思う人と痛くないと思う人がいます。部位によっても痛みの感じ方は違うので、なかなか痛みについてはとらえ方が難しい問題です。ただ、使う機器の種類やパワーが痛みに直結するため、それによってどの程度痛みがあるのかを予測できます。そういった点も踏まえ脱毛サロン選びを行いましょう。

脱毛サロンの脱毛~痛みが強いニードル脱毛


脱毛サロンではニードル脱毛とフラッシュ脱毛と呼ばれる2種類の施術があります。ニードル脱毛では針に電気を通電させ、毛穴にある毛乳頭を1本1本処理していく方法です。時間がかかる反面、効果が高く、サロンでしっかりと脱毛したい方は有効な方法です。ただ、針と聞いてわかるかと思いますが痛みが非常に強く、痛みに弱い人にはオススメできません。ニードル脱毛しか行っていないサロンもありますので、痛いのが嫌だという方は避けたほうが良いでしょう。

脱毛サロンの脱毛~痛みが少ないフラッシュ脱毛

脱毛サロンで行っている脱毛メニューは、フラッシュ脱毛がほとんどです。医療レーザー脱毛と異なり、光の波長を利用して脱毛します。医療脱毛よりもパワーが弱いため痛みの少ない方法です。現在サロンで使われている機器は年々進化しており、痛みを感じにくくする仕組みになってきています。脱毛サロンを選ぶ際は、最新機器を導入している場所を選ぶと、痛みの少ない施術を受けられる可能性が高くなりますのでそういったところにも注意してサロン選びをしていきましょう。

痛みを感じやすい部位を避ける


脱毛の初心者はまず痛みの感じにくい部位から施術してもらうのが良いと思います。ワキやVIOなど毛が太い部分は痛みが強く、反対に腕や背中など、毛が薄い部位は痛みが感じにくくなっています。まずはお試しで腕の脱毛から始めていき、痛みに慣れたらほかの部位を脱毛するという形が良いでしょう。また痛みのない脱毛「ハイパースキン脱毛」や「冷光ヒアルロン酸脱毛」「S.S.C脱毛」といったそのサロン独自の痛みケアサービスを行っている場合もあります。

関連記事:

    None Found